クラウド型テーマ学習支援ライブラリ


「テーマワークス:BOX」とは…

「テーマワークス:BOX」は、従来様々なフォーマットが混在していた教材データの一元管理、その日の授業で使う教材のまとめ、授業中の電子黒板での表示最適化、年度を越えた授業資産の継承など、教育現場の負荷を軽減しテーマ学習をよりアクティブに支援するソリューションです。


クラウド型テーマ学習支援ライブラリ


「テーマワークス :BOX」の5つの特長


ポイント1
テキスト、画像、音声、動画をCMSで一元管理
ポイント2
先生が自分たちでいつでも改訂、授業内容に合わせて自在に
「まとめ(コレクション)」
ポイント3
年度を越えて受け継がれる授業資産
ポイント4
紙にはないデジタルの長所を活かした分かりやすさ
ポイント5
PC、タブレットのブラウザで動作、電子黒板にもアウトプット可能

授業前・授業中・授業後、すべてのシーンで先生をサポート

授業で必要な教材の準備・管理・共有を効率化し、先生の業務を全面的にサポートします。


テーマワークス図


テーマ学習をより柔軟に進めるための4つの仕掛け

「テーマワークス :BOX」が紙や電子教科書よりも使いやすい秘密

現在、電子教科書や副読本の主流はPC、スマホ、タブレット等で紙の本のようなインターフェイスを再現する手法で作られています。しかし、実際に利用するユーザーからは「デジタル化され便利になったはずが、かえって使いにくい」という不満の声が多く聞かれます。


一般的な電子教科書の課題

1. 画面サイズを考慮せずページのレイアウトをそのまま押し込んだため、紙よりも見づらい

2. 「本」というメタファをそのまま利用しているため、目当ての情報が探しづらい

3. 紙の本がベースなので、内容を改訂しづらい

リビルド

ページの概念をそのまま残してしまったのが原因


解決策は?

ページの束縛からコンテンツを解き放つ

「使いやすいデジタル」を実現するための一つの解が 「リビルド( 再構築 )」です。ページの概念を壊してドキュメント情報(テキスト、画像、レイアウト)を一度分解し、 デジタルデバイスに最適な形にします。

リビルド


導入自治体

神奈川県足柄下郡箱根町教育委員会 様




拡がるテーマワークスの世界

テーマワークスボード
テーマワークスボード図


当ソリューションの詳細はお問い合わせ下さい。

  • お問い合わせ