2015/07/07

株式会社ポルタルトは7月15日(水)〜17日(金)東京国際フォーラム(東京・有楽町)にて開催される「ラーニングテクノロジー 2015」に出展いたします。ドキュメントから切り出したパーツを再構成し、データベース化までをクリエイトできるフレームワーク「CLIPPUTON(クリプトン)」を会場にて初公開します。



〜 ドキュメント資産再構築フレームワーク「CLIPPUTON(クリプトン)」のご紹介 〜

CLIPPUTON(クリプトン)は紙のスキャンデータやDTP由来のPDFなど、構造化されていないため死蔵しているドキュメント資産を再構築して蘇らせます。通常、このような再構築には大変な時間・労力・予算を要しますが、本システムはクリップという現実的な手法を採用することで、スマートにドキュメント資産を活用できる技術です。

本システムは、
1)分解:ブラウザ上で元ドキュメントデータから任意の矩形単位でデータ片をクリップ
2)ライブラリ:クリップされたデータ群を保管
3)コレクション:ユーザーのニーズに合わせ、データ片をピックアップし再構成
4)アウトプット:再構成された結果を、ローデータやドキュメントとして出力

上記の一連の流れをワンストップで行います。但し、「CLIPPUTON」の真骨頂は「切り貼りのデジタル化」ではなく、その先にある「非構造化データに属性を付与」して命を吹き込むことにあります。クリップされたデータ片(ピース)一つ一つに属性を付与でき、活用履歴がフィードバックされていくので、ビッグデータやDBマーケティング的な価値を生み出します。

〜 CLIPPUTON(クリプトン)の特長 〜

・個々のデータ片(ピース)に属性を与え、蓄積
・各属性にフォーカスした切り口でのコレクション(例:使用頻度など)
・WEBブラウザで動作(マルチデバイス対応)
・直感的で使いやすいインターフェイス
・元ドキュメントからアウトプットまで、印刷品質を保持(ベクトルベース)
・セミオーダー開発による高い柔軟性と拡張性

本システムは多様な分野での活用が考えられますが、その一つとして教育ICT分野が挙げられます。紙しか存在しない過去のテスト問題など、膨大な非構造化データ資産を教室で有効活用する実践的な提案を、「ラーニングテクノロジー2015」展にて行いますので、この機会に是非、弊社ブースにお立ち寄りください!
ご多忙中の事とは存じますが、皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<出展概要>
◎会 期 : 2015年7月15日(水)~17日(金)
◎会 場:東京国際フォーラム(東京・有楽町)
◎ブース番号:372
◎展示会オフィシャルサイト:http://learntech.nikkeibp.co.jp
◎「CLIPPUTON」弊社製品ページ:http://www.portarte.com/service/clipputon/


株式会社ポルタルト