従来型食材カタログを再解釈。高速閲覧が可能に。
紙のカタログデータをそのままデジタルカタログとして二次利用していた従来型の発想を大転換。「新しいデジタルカタログのカタチ」を実現しました。

膨大な商品群の中から欲しい情報に素早くアクセス

interior_topこれまで、お客様への個別提案資料の作成や日々のお客様からの問合せ対応のために、何冊もの分厚いカタログの中から必要な情報を探し出すという大変な作業をおこなっていました。
この苦痛ともいえる日常業務を、タブレット活用により解消できないかと相談を受け、TOC-Cataを提案させていただきました。

紙の本に捕われない新しいデジタルカタログのカタチ

interior_main2TOC-Cataは、欲しい情報をドリルダウン形式で絞り込むという全く新しいコンセプトのソリューションパッケージです。
従来型のデジタルカタログ(紙媒体の二次利用)では得られなかった素早い検索性とリッチな閲覧性が兼ねそなわり、日々の営業活動・問合せ業務に大きな効率性をもたらしました。
interior_form
商品の詳細画面では、静的な表示だけでなく動画コンテンツを埋め込むことによりスマートデバイスならではの付加価値を実現。お客様により説得力のあるプレゼンテーションをおこなうことに成功しました。

今後は、お客様への提案資料作成やECサイトとも連携していきたい

TOC-Cataの導入により、お客様との円滑なコミュニケーションが果たせたので、次期フェーズでは提案したい商品群を提案書として個別に出力させたり、別サイトで展開しているECサイトとも連携していきたいと考えられています。

※TOC-Cataでピックアップした商品をお客様への提案書としてPDFで出力可能なソリューション「DOCYARD(ドックヤード)」はこちらをご覧ください。

※画面写真等は一部サンプルおよびダミーデータを含んでおり、実際のものと異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

  • ソリューションページへ
  • お問い合わせへ

関連事例

TOC-Cata(トッカータ)

学校のアナログ資産をICTでデジタルシフト

千葉県館山市立北条小学校は、児童の学習カリキュラム(プラン)や資料を保存・管理してきた「カリキュラム管理室」の仕組みで50年以上に渡り日本の教育現場のお手本的存在であり続けてきました。この膨大 …